TOP > 地方での利用ならドコモの3G回線が使えるXiがイチオシ

地方での利用ならドコモが便利な理由

モバイルwi-fiを使う際、地方などに住んでいる方は、LTE圏外になっているところも多いです。
そのような場所では、例えばWiMAXやイーモバイルでは、wifi回線が接続できないこともあります。

そこで役に断つのは、ドコモのXiです。
ドコモはご存知の通り、携帯通信を利用することができ、対応エリアが広くなっています。

加えて、LTE回線が使えない場所では、自動的に3G回線に切り替えてくれます。
3G回線は一つ前の通信規格ですが、速度は充分で、対応エリアは広いです。

携帯電話が地方でもつながることを考えれば、安心のサービスであることがわかります。
LTEと3Gの違いについて見ていくと、まず速度では、LTEは100Mbps、3Gは14Mbpsとそれぞれなっています。

大きな違いがあるように思えるでしょうが、ここで比較対象を出すと、WiMAXは40Mbpsです。
また、LTE非対応のスマートフォンを現在も使っている方は多いですが、ネット閲覧などでそれほど不便を感じることはありません。

3Gはいつでも安定して使用できるので、地方でも郊外でも便利でしょう。

エリアが広い

モバイルwi-fi の中でもXiは、LTEを基本として、場所や時間帯によって3G回線を使い分けするものです。
ドコモは日本で最も利用者が多いため、対応エリアも安心できます。

他の携帯電話の通信会社でも同じような方式をとっていて、どの会社でもエリアの広さはあります。
しかし、日本一の通信会社ということで、ちょっとしたところの違いが出てくるでしょう。

地方でとりあえずwi-fiを利用するなら、ドコモのXiがおすすめだということです。