モバイルwi-fiの選び方

モバイルwi-fiには携帯電話サービスを提供する通信会社のものと、wi-fi通信専門の会社が提供するものがあります。まずは世の中でどのような場所で利用できるかに注目して、通信の種類を見ていくと、場所としては喫茶店やファミレス、最近ではコンビニで利用することもできます。そのほか、駅・空港といった公共の場所、ホテルなどでも全室で無線通信を行えるところが増えてきています。回線の利用方法に注目して種類を見ていくと、公衆のもの、自宅で個人が利用するもの、外出先で利用するものがあります。

モバイルwi-fiの基本

モバイル型のものは、専用のルータを使用することになります。個人が自宅で利用する場合や、喫茶店などで発信されているものは、置き型のルータを使用しています。その一方で、モバイル型のものは、ちょうどスマートフォンと同じくらいの大きさで、ポケットやかばんに入れて持ち歩くことが可能です。これは自宅でも置き型のもののようにして使うことも可能なため、一石二鳥です。いつでもどこでも高速インターネットの利用が可能とあって、モバイル機種が増えてきた昨今で人気が急上昇しています。しかし一つ注意点があって、通信を提供する会社の、通信エリア内に限られます。この場合、携帯電話の通信会社ならば、携帯回線がつながるところならどこでもカバーできますので、その範囲の広さは理解できるかと思います。地方などでもカバー率が高いです。また、専門の会社が提供するものでも、最近のカバー率は非常に高いです。都心、あるいは地方の大都市では街中ならどこでも利用できますし、郊外でもかなりのカバー率を誇っています。

モバイル型のものは、利用目的によって選ぶのがおすすめです。例えば自宅でパソコンの回線にもメインで利用するとなれば、高速で速度制限がないものがいいでしょう。また、スマートフォンで動画を見るために使いたいということなら、エリアのカバー率と速度に注目しましょう。この他、タブレットやゲーム機など、複数機種を同時に通信可能であり、あらゆる機種でたくさん使いたい方は、やはり速度制限がないものがおすすめです。

モバイルwi-fiは大きく分けて2種類

モバイルwi-fiについては、大きく分けて二つ、携帯電話の通信会社が提供するものと、専門の会社が提供するものがあります。まず大きな違いをあげれば、携帯電話の通信会社のものであると、間違いなく速度制限があることです。これは携帯電話の回線を利用しているということで、あまり使いすぎると携帯電話を使っている人と回線の取り合いになってしまうからです。一方で、専門の会社が提供するものは、制限のないものもあります。他にも違いをあげれは、速度については携帯電話の通信会社の方が早いです。LTEの開発により、光回線に匹敵、あるいはそれ以上の速度を誇ります。また、エリアの広さも大きいでしょう。一方、料金やルータ代金については、専門の会社の方がかなりお得です。月額にして1000円以上の差が出てきます。

二つの特徴をそれぞれ見ていくと、まずは携帯電話の通信会社のもののメリットは、エリアが広いことに加えて、契約が楽です。携帯ショップに行って申し込みをすれば契約が可能で、ルータもすぐに手に入ることも多く、料金請求もまとめてきます。このために、最近はその手軽さから人気が出てきています。wi-fiを初めて使う人の入り口にもなっています。他にも、携帯電話の料金割引サービスを受けられるなど、会社の特徴を活かしたサービスが目立ちます。一方デメリットは、速度制限と料金の高さです。速度制限というのは、1ヶ月に7GB以上の通信をしてしまうと、その後は低速の通信に切り替えられるというものです。目に見えて違いが出てくるので、頻繁にネットを使用する方には向いていません。

一見すると使いやすい一方で、実用性に問題があるように思えますが、インターネットの使用時間が少ない人、携帯通信会社が提供するので安心というところが大きく、インターネットのライトユーザーを中心に支持を集めているようです。例えば高齢者、主婦、会社員の方などは、時間の都合もあって、それほど長くインターネットを使うことはありません。学生や若者はまだしも、これらの人には最適の通信とも言えます。

専門の会社のwi-fiについて見ていくと、料金が安いことと、速度制限(帯域制限)がないものを選べることが最大の特徴です。特に料金については月額で3000円を切るものが普通で、それに加えて契約時に高額キャッシュバックが受けられます。加えて、ルータが内蔵されたパソコン、ルータとセットの0円パソコンの存在があります。WiMAXは帯域制限がない唯一の専門会社のモバイルwi-fiです。

帯域制限がないWiMAX(ワイマックス)

これらは契約をすることを条件に、おまけとしてノートパソコンがタダでもらえるというサービスです。もともとこれらの通信会社は、おまけを付けたセット契約を積極的に行って、顧客を開拓してきた経緯があります。現在でもこれらのサービスは人気があり、パソコンが欲しいから契約するといった人も多いです。例えば大学入学を期に、まずはパソコンセットで契約しようという場合があります。